りこ先生のほっと一息。。。

ブログトップ

体に溜まる余分な水が肌トラブルの原因に!?

湿」が高まるこれからの季節。

体の中やお肌にまで湿気の影響が及ぶと、余分な水分を溜め込む状態内湿といいます)を生じてしまいます。

食の不摂生によっても内湿が生じ、この内湿が、お肌の不調の原因となることも少なくありません。

日頃の生活で湿気をためないように、湿気を追い出せるようにするための方法をご紹介していきます034.gif

まず、あなたには、こんな症状はありませんか?

056.gif下痢や軟便がでる
056.gif目やに・おりものが増える
056.gif倦怠感、頭や体が重だるい
056.gif食欲不振(お腹が空かない状態のこと)
056.gif尿の出が悪い
056.gifむくみ
056.gifじゅくじゅくした湿疹やニキビ
056.gif舌にネバネバした苔がつく
056.gif水虫
056.gif昼間の眠気

これは、余分な水分が溜まっているときに現れやすい症状です。
この湿が溜まった状態は、たるみシワなども引き起こしてしまいます。。。


原因としては、大きく二つのことが言えます。


072.gif072.gif気候による湿の発生

質の高い季節は、空気中に湿が大量に含まれるために、体が自然にそれに犯されてしまうため。


072.gif072.gif食の不摂生

脂っこいもの、お酒、アイスクリームや生もの、冷たいもの、甘いものを摂りすぎることで胃腸の機能が低下するため。


内湿を生じないためのポイントをご紹介しますね060.gif

056.gif冷たいものや甘いものの食べすぎで胃腸を壊さないように。

056.gif生ものは火を通したり、温かいものと一緒に摂りましょう。
 (生姜などの薬味をつけて食べるのもお薦めです。)

056.gifお酒も身体に湿気を溜めるのでほどほどに。

056.gif雨にぬれたあとは、お風呂でゆっくりと温まりましょう。お肌も冷えていますので、お風呂で温まってからのお手入れがポイントです072.gif

056.gif水分の取りすぎないように。水分代謝が悪い方は、むくみの原因になります。たくさん摂ったからといって、たくさんでていく訳ではないのです007.gif


湿の高まる季節は、この季節のカラダを支える食材を加えることも、大切なポイントです034.gif

072.gif[湿をとり、発散させる]
しょうが、ネギ、花椒(さんしょう)など

072.gif[香りで消化を助ける]
シソ、セロリ、パセリ、三つ葉など

072.gif[胃腸を整え、尿を出す]
小豆、そら豆、ハトムギ、トウモロコシ、スズキなど

この時期に旬となる食材が多いことがわかりますね053.gif


体の中から湿気を追い払い、湿気を生じないようにすること。
このポイントを押さえ、じめじめした季節を爽やかに、美しい素肌を保ちながら、過ごしましょうね003.gif


       肌トラブル原因は、一人ひとりで異なります。
     まずは、ご相談下さい034.gif一緒に解決しましょうね!

    
   056.gif055.gifでのご相談 ⇒ info@visera.co.jp
   056.gif問診表でのご相談 ⇒ http://www.visera.co.jp/main/soudan02.html
   056.gif062.gifでのご相談  ⇒ 0982-23-8310    
[PR]
by visera3731 | 2012-06-01 16:43 | 今週の肌ケアは、これっ!