りこ先生のほっと一息。。。

ブログトップ

更年期の肌トラブル~つづき~

e0044865_13411057.gifお肌のかゆみ出お困りのA野さま。この痒みの原因は、どうも体の中にありそうです。

エステ中に少しお話を聞かせていただきました。

「そういえば、いままできっちり28日周期だった生理が、不安定になっているのよね。25日周期くらいかしら。早くなったなと思っていたら、今は、35日周期。それに、今年は暑かったからかしら、とにかく顔から汗が吹き出るように出るの。顔だけ、ぽっぽっと暑いのよね。なんだか少し太った気もするし......。」

さらに詳しく問診させていただきました。

う~~ん。少し更年期に入っていらっしゃるようですね。

e0044865_13451076.gif更年期とは、閉経前の5年と閉経後の5年をあわせた10年間を指します。症状のあるなしに関わらず、女性は必ず通る期間です。

この時期になると卵胞ホルモン、黄体ホルモンといったホルモンの分泌が減少または消失してしまい、脳の間脳、下垂体または性腺系に変調を起こすため内分泌、自律神経系の失調症状としてよく言われている更年期の症状が現れます。

その症状の一つとして、肌荒れなど皮膚の症状が出る場合もあります。突然、大人ニキビができ始める方も中にはいらっしゃるんです。

中医学的に考えると、『腎は生殖を主る、女子は肝を本(もと)とする』。
つまり、性ホルモンと関係の深い五臓は肝(かん)と腎(じん)。(肝と腎は西洋医学の肝臓、腎臓とは少し考えが異なります。)

治療としては、腎の働きを補う漢方薬や肝の働きを補う漢方薬が使われます。

A野さまの症状・問診から、血液の老化も考えられ、血液の材料として大切な、葉緑素 鉄分 たんぱく質、ミネラルなどをバランスよく摂取すること。そして、高麗人参6年根を3ヶ月服用することをオススメしました。

スキンケアでは、必ず2日に一度、水パックしてからスキンケアをするこをアドバイス。
時々、症状を見せていただくようにお話ししました。

今回のアドバイス〔まとめ〕
・お肌の外側のスキンケアは、水分を保持する機能のサポートすること。
・体の内側からのスキンケアは、血液をサポートする食物を摂取し、女性ホルモンの働きをたすけ、血液もサポートする高麗人参6年根の3ヶ月服用。

(途中経過を見ながら、処方は変えていきますが、現在、服用1ヶ月。痒みも治まり、体調も改善傾向です。)

e0044865_13451076.gifこのように、皮膚の痒みの原因は、からだの中にあることもあります。特に、更年期に入って、肌トラブルを起こしている方は、しっかりとした対処が必要です。お気軽に相談して下さいね^^。

e0044865_13411057.gif
あなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2005-08-27 16:03 | リコ先生のお肌相談室