りこ先生のほっと一息。。。

ブログトップ

カテゴリ:リコ先生のお肌相談室( 4 )

更年期の肌トラブル~つづき~

e0044865_13411057.gifお肌のかゆみ出お困りのA野さま。この痒みの原因は、どうも体の中にありそうです。

エステ中に少しお話を聞かせていただきました。

「そういえば、いままできっちり28日周期だった生理が、不安定になっているのよね。25日周期くらいかしら。早くなったなと思っていたら、今は、35日周期。それに、今年は暑かったからかしら、とにかく顔から汗が吹き出るように出るの。顔だけ、ぽっぽっと暑いのよね。なんだか少し太った気もするし......。」

さらに詳しく問診させていただきました。

う~~ん。少し更年期に入っていらっしゃるようですね。

e0044865_13451076.gif更年期とは、閉経前の5年と閉経後の5年をあわせた10年間を指します。症状のあるなしに関わらず、女性は必ず通る期間です。

この時期になると卵胞ホルモン、黄体ホルモンといったホルモンの分泌が減少または消失してしまい、脳の間脳、下垂体または性腺系に変調を起こすため内分泌、自律神経系の失調症状としてよく言われている更年期の症状が現れます。

その症状の一つとして、肌荒れなど皮膚の症状が出る場合もあります。突然、大人ニキビができ始める方も中にはいらっしゃるんです。

中医学的に考えると、『腎は生殖を主る、女子は肝を本(もと)とする』。
つまり、性ホルモンと関係の深い五臓は肝(かん)と腎(じん)。(肝と腎は西洋医学の肝臓、腎臓とは少し考えが異なります。)

治療としては、腎の働きを補う漢方薬や肝の働きを補う漢方薬が使われます。

A野さまの症状・問診から、血液の老化も考えられ、血液の材料として大切な、葉緑素 鉄分 たんぱく質、ミネラルなどをバランスよく摂取すること。そして、高麗人参6年根を3ヶ月服用することをオススメしました。

スキンケアでは、必ず2日に一度、水パックしてからスキンケアをするこをアドバイス。
時々、症状を見せていただくようにお話ししました。

今回のアドバイス〔まとめ〕
・お肌の外側のスキンケアは、水分を保持する機能のサポートすること。
・体の内側からのスキンケアは、血液をサポートする食物を摂取し、女性ホルモンの働きをたすけ、血液もサポートする高麗人参6年根の3ヶ月服用。

(途中経過を見ながら、処方は変えていきますが、現在、服用1ヶ月。痒みも治まり、体調も改善傾向です。)

e0044865_13451076.gifこのように、皮膚の痒みの原因は、からだの中にあることもあります。特に、更年期に入って、肌トラブルを起こしている方は、しっかりとした対処が必要です。お気軽に相談して下さいね^^。

e0044865_13411057.gif
あなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2005-08-27 16:03 | リコ先生のお肌相談室

更年期の肌トラブル

e0044865_13411057.gifこんにちわ。台風11号、すごかったみたいですね。大丈夫でしたか?

さて、今日のお客様は、48歳のA野さま。年齢を聞かれると誰もが驚くというほど、若くて素敵な女性です。(すっぴんです!)

「なんだか、顔が痒いのよ。」と不安そうにご来店。

お肌をよ~くチェックしてみると、髪の生え際から両頬の縁が、赤くなっている。

「毛染め負けかしらと思ってたけど、3ヶ月くらい治らないの。毛染めも元に戻したし...。お医者様からは、食べ物が合わなかったのでしょうといわれたのよね。」

毎日のスキンケアは、しっかりされていて、規則正しい生活、食生活のバランスもバッチリ。

もちろん、水分量も15段階中11をキープ。気づかないうちに掻いてしまっているようで、キメの状態はあまりよくありません。

まずは、水分エステをしながら、少しお話を聞かせていただきました。

お話しを聞いていくと、A野さまの症状は、外側からの刺激によって起こっているものではなさそうです。

体の中の原因。一体、それは..........。

つづきは、次回。お楽しみに^^。


e0044865_13411057.gif
あなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2005-08-26 14:34 | リコ先生のお肌相談室

お肌の調子が悪いんですけど......。

e0044865_13411057.gif「リコ先生。なんだかとってもお肌の調子が悪いの。明日、エステしてもらえない?」と泣きそうな声で電話してきたのは、28歳のM原さま。

翌日、元気のない声で「こんにちわ。」とご来店されました。

「スキンケアしてるけど、しっかり浸透していかないんです。ファンデーションののりも悪いし、顔色も悪い気がする.......。」

早速、お肌をチェック!してみました。

○水分量 ・・・・・ 15段階中「6」しかありません。
○キメ   ・・・・・ キメはあるものの、溝が浅くなっています。
○触感  ・・・・・ 硬くてザラザラ
○肌色  ・・・・・ くすんで、つやなし

う~~ん。完全な水分不足。

e0044865_13451076.gif「M原さん、どんなお手入れしてた?一日、エアコンの中で仕事して、暑いからって冷たいものばかり飲んでなかった?」と問診開始。

M原さんのお手入れ。
夜 オイルクレンジング ⇒ 洗顔(お湯使用) ⇒ スキンケア
朝 洗顔 ⇒ スキンケア ⇒ ファンデーション

特に、今までのスキンケアを変えた様子はありません。

しかし、この時期は、驚くほどお肌から水分を奪ってしまう環境です。高い気温、エアコン、日焼けなどなど....。

このような環境で一日過ごしたお肌は、水分がカラカラ状態。

このため、化粧水などをいくらつけても浸透しにくい状態になっています。まずは、水分をお肌に含ませて浸透しやすい状態に整えなければいけません。

ということで、エステでしっかり水分補給。(ヴィセラでは、水分を入れていくだけのエステです!)

すると、くすみはすっかりとれ、元気なお肌に変身!!

e0044865_13451076.gif「この状態を保つためには、お家で、こまめに水パックしてからお手入れすること。また、冷たいものばかり摂ると、元気な血が作られず、乾燥しやすい肌やパサつく髪などの症状が続いてしまいます。暑いですが、できるだけ、体温に近い温かさのものを摂るようにして下さいね^^。」

e0044865_13411057.gif
あなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2005-08-25 15:23 | リコ先生のお肌相談室

ストレスニキビ~本当の原因は?~

e0044865_13411057.gifさて、昨日のY崎さま。確かにスキンケアの問題点がありましたが、ニキビの状態から考えても、根本の原因は、ほかにあるようです。

もう少しお話しを伺ってみましょう。

e0044865_13451076.gif「ニキビができ始めたとき、なにか思い当たることなかったですか?例えば、生理の周期が不安定になったとか、眠れない日が続いたとか....」

「資格取得試験を控えていて、試験の半年前から生理が止まってしまったんです。そのころから、ニキビも少しずつできはじめてしまって....。ニキビって、そなことも関係するんですか?」

e0044865_13451076.gifそうなんです。体に起こっていることと、ニキビの原因はとても関係が深いんです。お肌は、からだの中を映す鏡。ニキビができる前に、体はいろいろな信号を送っていたはず.....。もちろん、間違ったスキンケアが一番の原因になる場合も多いんですけどね。お肌の専門家に相談するして解決することが間違いないでしょう。

Y崎様には、さらに体の状態について詳しい問診をさせていただきました。

考えられた原因は、ストレス

西洋学的に考えると、人間の体はストレスを感じると、このストレスに対抗するために抗ストレス
ホルモンであるコルチゾールを分泌します。このコルチゾールが増えると、副産物として男性ホルモンの量が増えるという現象が起こります。

男性ホルモンの分泌が活発になると、皮脂腺の働きも活発になって、皮脂を大量に分泌してしまいます。

実は、ニキビのひどい成人女性は、ニキビがない成人女性に比べ2倍くらい男性ホルモンの量が多いという結果がでているんです。

e0044865_14182185.gif中医学で考えると、ストレスが発散できずに体の中の肝が火事になり、蓄えられている血が熱を持ったと考えます。人が抱く感情には、さまざまなものがあり、これらが多すぎた時に、肝は火事になってしまいます。

おそらく、Y崎様は、試験へのプレッシャー、さらに試験勉強のために睡眠不足、食事の偏りなども追い討ちをかけてしまったのでしょう。その証拠に、肝の働きが大きく影響する生理にも影響がでたのでしょう。

このようなニキビの場合、スキンケアだけでは、なかなか改善していきません。サプリメントや漢方薬を用い、体の中からスキンケアをすることも大切なのです。

Y崎様の場合、そのほかの様々な症状もありますので、今回は漢方薬の服用とヴィセラシリーズの洗顔をお使いいただくことにしました。

e0044865_13411057.gif
あなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2005-08-19 14:49 | リコ先生のお肌相談室