りこ先生のほっと一息。。。

ブログトップ

寒いからこそ、スキンケアで肌を守る!

一年でもっとも寒さ厳しい時季に入っています。

感じている以上に体も肌も冷え、血流が低下し、肌の内側から肌への栄養を届けることも、潤うことも弱くなっています007.gif

こんなときだからこそ、毎日のスキンケアが大切です053.gif

体の内側からお肌を育めないときだからこそ、スキンケアでお肌の表面からしっかりとお肌に栄養を届け、潤いと潤い保持力を低下させないようにサポートしましょう045.gif



この時季に欠かせないのが、

ヒアルロン酸  セラミド  プラセンタ
             

の3つ。



この3つがあれば、お肌の潤い力と潤い保持力は、怖いものなし016.gif
温感浸透法でじっくりとなじませることがポイントです060.gif



              温感浸透法

1.保湿剤を手のぬくもりで肌温に温めます。

2.手の温もりを伝えるように指の腹で優しくゆっくりとのばします。
      (下から上、内側から外側へ向かってなじませましょう!)

3.全体になじんだら、ゆっくり呼吸をしながら、お顔全体を両手で包
   み込み、もう一度、ゆっくりと温めましょう。



普段よりも「一呼吸長く」、「じっくりと」と馴染ませることがポイントです034.gif





                   さ・ら・に



この3つでお手入れしても、温感浸透法でしっかりなじませても、潤いが追いつかないカサつきの強いお肌には、このときだけ、オイルをほんの少し加えましょう。

加える量は、1~2滴からはじめ、お肌の状態を見ながら、量を調節していきましょう。
オリジナルのクリームに早変わりです060.gif



              オイルの加え方           

適量の保湿剤を手に取り、オイルを1~2滴加え、しっかり混ぜ合わせ、乾燥の強い部分になじませましょう。

カサつきの強いお肌は、もともと肌の守る力が弱い上、この寒さでさらに敏感な状態になっています。

そのため、使用するオイルは、厳選しましょうね072.gif

              \リコ先生お薦めオイル♪/
e0044865_1734571.jpg

                                                                                 >>VIマルチオイルの詳しい説明はこちら053.gif
       




厳しい寒さの時季は、前回お話したように、血行を促すことを大切にしながら、スキンケアでお肌の表面からしっかりとお肌に栄養を届け、潤いを守りましょうね034.gif




       肌トラブル原因は、一人ひとりで異なります。
     まずは、ご相談下さい034.gif一緒に解決しましょうね!

    
   056.gif055.gifでのご相談 ⇒ info@visera.co.jp
   056.gif問診表でのご相談 ⇒ http://www.visera.co.jp/main/soudan02.html
   056.gif062.gifでのご相談  ⇒ 0982-23-8310    
[PR]
by visera3731 | 2012-01-25 17:38 | 今週の肌ケアは、これっ!