りこ先生のほっと一息。。。

ブログトップ

カテゴリ:大人ニキビ(アダルトニキビ)( 29 )

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑲]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ19回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因
(2)食習慣とニキビ

さて、昨日の続きです。少し復習してみましょう。

ニキビと関係の深い栄養素であるビタミンAの合成は、甲状腺ホルモンが深く関与しています。

3種類ある甲状腺ホルモンのうち、細胞の中だけで変化するタイプが、ビタミンAと深く関わっていましたよね。

これは、血液中にはありませんので、血液検査で調べることができません。

甲状腺ホルモンに元気がなくなると、出る症状が、下記のような症状でした。

◎冷え性で寒がり  ◎低体温  ◎生理不順  ◎朝が弱い  ◎疲れやすい
◎食欲低下      ◎肌荒れ、ニキビ       ◎肩こり    ◎偏頭痛
◎便秘         ◎めまい            ◎ふらつき  ◎無気力感
◎つい落ち込む    ◎肥満化傾向

このようなことがなぜ起こるのでしょうか?

私たちの体は、常に全身の機能を全体的に調和させるように働いています。
その一つがホルモン系であり、もうひとつが神経系です。

極端なダイエットや過労、運動不足、生体的ストレス、精神的ストレス、加齢などの様々なストレスにより、甲状腺ホルモンも影響を受けます。

この結果、甲状腺ホルモンは、体を節約モードにしようと働きます。その結果、ちょっと違った形の甲状腺ホルモンに変身してしまいます。

この変身した甲状腺ホルモンは、ビタミンAうまく使うことができません。

この結果、ニキビや肌荒れといった症状として現れることもあるんですね.....。

明日は、甲状腺ホルモンの働きについて、ちょこっとお話ししますね^^。
[PR]
by visera3731 | 2006-03-14 18:46 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑱]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ18回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因
(2)食習慣とニキビ

さて、先週の金曜日のチェック表、あなたは何点でしたか?11点以上の方は、ベータカロテンを摂取しても、体の中で上手に利用できないタイプの可能性大です。

では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

これは、甲状腺ホルモンが関係します。

実は、甲状腺ホルモンは、ビタミンAの合成に深く関与しています。

甲状腺がしっかり働いていると、上手にビタミンAも作られますが、甲状腺が少し怠けてしまう
と、ビタミンAを上手に利用することができません。
(みかんを食べると、手が黄色くなる方は、少し、この傾向があるかもしれませんね。)

その結果、先日、お話ししたような症状が出ることがあります。

血液検査で調べればいいというものでもありません。なぜなら、甲状腺ホルモンには3種類があり、このうちの一つは、細胞の中だけで変化しますので、血液検査では測定できないのです。

そして、この測定できない甲状腺が、ビタミンAと深く関わっているのです。

そのため、先日のような症状が大きな目安となります。

11点以上になった方は、要注意。今すぐ、あなたの生活を見直して見ましょうね。

このようなことが起こる原因については、明日お話しますね。

次回につづく.......。

e0044865_17422592.gifあなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2006-03-13 18:12 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑰]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ17回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因
(2)食習慣とニキビ

さて、今日は、ベータカロテンを摂取しても、体の中で上手に利用できないタイプの方の診断をしていきます。

まず、あなたには、このような症状はありませんか?
 
  ◎冷え性で寒がり
  ◎低体温
  ◎生理不順
  ◎朝が弱い
  ◎疲れやすい
  ◎食欲低下
  ◎肌荒れ、ニキビ
  ◎肩こり
  ◎偏頭痛
  ◎便秘
  ◎めまい
  ◎ふらつき
  ◎無気力感
  ◎つい落ち込む
  ◎肥満化傾向 など

思い当たること症状がありましたら、次に下記のチェック表で、あなたの点数を出して見ましょう。

 --------------------------------------------------------------------
 □貧血タイプ:0
 □低血圧タイプ:1
 □冷え性で寒がり:5
 □低体温(36度未満):5
 □目の周りがむくむ:3
 □心拍数/分が低い(55回/分未満):3
 □表情動作の活力感に乏しい(かぼそい声):3
 □体重増加肥満化傾向(たくさん食べないのに太る):2
 □高脂血症といわれた(TC↑、TG↑):2
 □皮膚がカサカサ:2
 □月経過多(生理不順傾向):2
 □どちらかというと低血圧:1
 □他人ほど汗をかかない:1
 □近年、便秘傾向が続く:1
 □近年、肝数値がやや高め(AST↑、ALT↑、CK↑、CHE↑):1
 □近年、頭が薄くなった:1
 □近年、かすれ声になった:1
 --------------------------------------------------------------------
 
3箇所以上、思い当たる症状があった方は、点数を出してみて下さい。
 
11点以上の方は、ベータカロテンを摂取しても、体の中で上手に利用できないタイプの可能性大です。

この解説は、月曜日に。お楽しみに^^。

次回につづく.......。

e0044865_17422592.gifあなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2006-03-10 18:32 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑯]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ16回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因
(2)食習慣とニキビ

e0044865_18121860.gifさて、今日は、ベータカロテンを摂取しても、体の中で上手に利用できないタイプの診断をと思いましたが、その前にベータカロテンについて少しご説明します。

食材の中でも、特にニキビに関係する栄養素を含む緑黄色野菜。

主成分である「ベータカロテン」は、口から摂取すると体内でビタミンAに変わり力を発揮します。

ビタミンAは、皮脂の分泌をコントロールしたり、新陳代謝を正常にする作用があります。

ですので、ビタミンAが不足すると、皮脂が過剰に分泌されたり、皮膚の角質層の硬化をまねき角質が増大して、毛穴をふさぎやすくなったりとニキビのできやすい環境をお肌に作ってしまうんです。

「直接、ビタミンAを摂れば、一番効果的!」と思ってしまいますが、実は、ビタミンAは、とても難しいビタミン。油性のビタミンですので、過剰摂取により副作用がでてしまうのです。

βカロテンのすごいところは、ビタミンAが不足している場合には、βカロテンを必要な分だけビタミンAに変換し、またビタミンAが余っている場合は、βカロテンのままの状態でβカロテン本来の役割である活性酸素除去の働きをするという、とっても便利な栄養素なんです。

ニキビでお悩みの方の中には、野菜ジュースを毎日、取り入れることで改善される方もいらっしゃるぐらいなんです。

ところが、ベータカロテンを摂取しても、体の中で上手に利用できないタイプの方もいます。
これは、体の中に原因が.....。

一日伸びましたが、明日、このタイプの診断をしますね。

お楽しみに^^。

次回につづく.......。

e0044865_17422592.gifあなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2006-03-09 18:13 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑮]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ15回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因
(2)食習慣とニキビ

現代の食生活にあふれている「コンビニ弁当」「ファーストフード」「外食」「飲酒」「甘いものの摂り過ぎ」。

あなたの食事も偏っていませんか?

この食の偏りは、栄養素の不足や中性脂肪過多の状態を招きます。

特にニキビに関係する栄養素であるビタミンAは、緑黄色野菜に多く含まれます。

この主成分である「βカロテン」は、口から摂取すると体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは、皮脂分泌のコントロールや、新陳代謝正常化作用があります。このため、ビタミンAが不足すると、皮脂の過剰分泌や、角質肥厚による毛穴のつまりなどニキビ環境を作ってしまいます。

また、上記のような内容の食事は、栄養が偏ってしまいがち。糖質や脂質過剰となってしまいます。

糖分の過剰摂取により、血中に中性脂肪が増加し、皮脂の分泌を増加します。さらに、ビタミンB2は、皮脂腺からの皮脂の分泌量を制御していますが、糖分の分解にビタミンB2が消費され、皮脂の分泌量が増加します。

動物性脂肪は、皮脂の原料である中性脂肪に変化します。つまり、皮脂の分泌量を増加します。

ニキビ=ビタミンB2、B6と考えている方も多いようですが、糖分の分解には、すべてのビタミンBが関わっています。サプリメントで摂取する場合は、すべてのビタミンBがバランスよく含まれたものにしましょう。

明日は、ベータカロテンを摂取しても、体の中で上手に利用できないタイプの診断をします。
お楽しみに^^。

次回につづく.......。

e0044865_17422592.gifあなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2006-03-08 18:25 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑭]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ13回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因
1)スキンケアとニキビ
今日は、水分保持機能についてお話します。

◆水分保持機能って何?

水分保持機能とは、お肌に、と~っても大切な水分をとどめておく力のことです。
お肌の様々なトラブルは、すべて水分保持機能の低下が原因といっても過言ではありません。

では、水分保持機能は、お肌のどんな働きを担っているのでしょう。

皮膚は、体内の水分が蒸発するのを防ぐという大切な役割があります。

また、汗腺から汗を出して水分を蒸発させ、体温調節を行うことも、肌の大切な役割です。その汗は皮脂と混ざり、皮脂膜として肌表面を乾燥から守ります。

皮膚の一番外側にある「角質層」。全身を被覆して、外界からの様々な刺激や障害、乾燥などから身体を保護するバリアの役目をしています。

死んだ細胞がレンガのように積み重なり、その間に埋まる脂(セラミド)が、皮膚に含まれる水分の蒸発を防いだり、外から取り込む水分の量を調整したりする役割(=水分保持機能)を持っています。

つまり、この機能が働いてこそ、健康なお肌をキープできるというわけなのです。

余談ですが、赤ちゃんの肌のみずみずさは、セラミドが豊富で角質細胞の水分保持機能が高いからなのです。
e0044865_1833941.gif


次回につづく.......。

e0044865_17422592.gifあなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2006-03-07 18:34 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑬]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ13回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因
1)スキンケアとニキビ

今日は、油分が含まれたスキンケアのニキビへの影響です。
油分が含まれたスキンケア.....これは、乳液クリームです。乳液やクリームは、水分と油分を界面活性剤というものを加えることにより、混ぜ合わせたもの。

界面活性剤も、お肌には負担がかかる薬剤ですが、現在は、植物由来のものもあります。

何といっても、問題なのは、これらに含まれる「油分」です。

◆油分の添加

ニキビ肌は、皮膚の水分と油分のバランスが崩れています。これも、原因の一つ。また、現代の食生活によって体の中は、皮脂のもとである中性脂肪過多の状態です。 

脂は脂と混ざりやすいという性質を持っていますので、皮膚の外側(スキンケア)から与えたオイルは毛穴に取り込まれ、さらに油分過多状態を作り出します。ニキビのできやすい環境作りとなってしまいます。
   
さらに、オイルは、動物性であれ、植物性であれ、シミやくすみの原因となり、紫外線に当たると
活性酸素を作り、毛穴の角質を厚くし、毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となります。
 
ニキビ肌のためのスキンケアは、「水分と油分のバランスを整えること」が必要です。 これを整えるために、必要なものが、水分です。皮膚の水分を蓄える力=「水分保持機能」をサポートするスキンケアをオススメします。

次回につづく.......。

e0044865_17422592.gifあなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2006-03-06 18:44 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑫]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ12回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因
1)スキンケアとニキビ

今日は、オススメのクレンジング法、洗顔法です。
ポイントは、『お肌に優しく、汚れを落としましょう。』です。
  
クレンジングのポイント 
・優しく円を描くようにクレンジングしていきましょう!
   
顎(小さな円)⇒ 頬(大きな円)⇒ 鼻の下(小さな円)⇒ 小鼻(小さな円)⇒ 鼻筋(小さな円)⇒ 目の周り(小さな円)⇒ 眉(小さな円)⇒ おでこ(大きな円)

※強くこすらないこと。毛穴が一緒に動いてしまい、汚れを浮き出すことができません。お肌の上に手をのせる感じで、優しくゆっくり進めていきましょう。

<オイルをおすすめする理由>
ファンデーションやメイク商品に含まれる鉱物や鉱物油は、毛穴に溶け込みやすい性質を持っています。これは、油性であるため。 同じ油性であるオイルを使用すると、汚れが浮き出やすく、さらに 潤滑油としても働きますので、お肌を擦ることもありません。

オイルクレンジングをする場合は、使用するオイルにも要注意。酸化しやすく不安定なものやお肌にかえって負担のかかるものもあります。

皮脂の成分であるスクワランとホホバオイルだけでできているオイルは、 >>こちら

洗顔のポイント
・洗顔ネットを使用して、洗顔料を細かく泡立てましょう。生クリームの硬さが目安です。
  
・優しく円を描くように洗顔していきましょう!
   
顎(小さな円)⇒ 頬(大きな円)⇒ 鼻の下(小さな円) ⇒ 小鼻(小さな円)⇒ 鼻筋(小さな円)⇒ 目の周り(小さな円)⇒ 眉(小さな円)⇒ おでこ(大きな円)

※強くこすらないこと。毛穴が一緒に動いてしまい、汚れを浮き出すことができません。お肌の上に手をのせる感じで、優しくゆっくり進めていきましょう。

洗顔時のお肌は無防備。特に乾燥は危険です。刺激がないように調整した洗顔料がオススメです。

乾燥や洗顔後のつっぱり感を防ぐために、原料に含まれる有効成分と植物成分が、よけいな皮脂や角質のみを除去しながら、お肌に必要な潤いを残す優れものは>>こちら
                              
オイルは、油性の汚れを浮き出すだけです。必ず、その後の洗顔で、残ったオイルと不要な皮脂や角質を落としましょう。

次回につづく.......。

e0044865_17422592.gifあなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2006-03-03 18:27 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑪]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ11回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因
1)スキンケアとニキビ

今日は、スキンケアの中のファンデーションの汚れについてです。

◆ファンデーションの汚れ

毛穴には、皮脂腺があります。

ファンデーションの色を出すため、紫外線を散乱するために使用されている鉱物や鉱物の仲間。これは、油性のものに混ざりやすいという性質を持っています。

そのため、毛穴の中で皮脂に混ざりやすく、汚れを残しやすいという結果になってしまいます。

ファンデーションの長時間使用や、クレンジング、洗顔不足は、毛穴に汚れを残し、ニキビはもちろんのこと、その後、酸化したり、活性酸素の影響を受け、シミの原因など、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。
 
1.できるだけファンデーションの使用を避ける
2.ファンデーションが必要な場合は、薄めにするか使用時間を短時間にすること
3.クレンジングを怠らないこと

この3点は、最初に必ず確認するポイントです。特に、膿をもったニキビができた時は、ファン
デーションの使用は控た方がいいでしょう。

オススメのクレンジング法については、明日、ご紹介しますね^^。

次回につづく.......。

e0044865_17422592.gifあなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2006-03-02 18:12 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)

大人ニキビ(アダルトニキビ)の攻略[その⑩]

e0044865_17434838.gif大人ニキビ(アダルトニキビ)について、まとめてみました^^。今日は、シリーズ10回目です。只今、マニュアル本も作成中!お楽しみに^^。

8.ニキビ原因

大人ニキビの原因は、間違ったスキンケア、年齢を伴ったホルモンバランスの崩れや生理不順、便秘などの婦人科疾患が挙げられますが、その人のバックグラウンドである生活環境こそが、ニキビをできやすく、治りにくくしている要因です。いくつもの原因が絡み合って、ニキビの症状として現れています。

「ニキビの原因」では、下記の項目でお話を進めていきます。

1)スキンケアとニキビ
2)食習慣とニキビ
3)ストレスとニキビ
4)生理周期とニキビ
5)血流とニキビ
6)便秘とニキビ
7)タバコとニキビ

次回につづく.......。

e0044865_17422592.gifあなたのご相談もお待ちしております。
ご相談は >>こちら
リコ先生のホームページ
「リコ先生のすっぴんクリニック」
リコ先生の作ったスキンケア『ヴィセラ』は、こちら
[PR]
by visera3731 | 2006-03-01 18:14 | 大人ニキビ(アダルトニキビ)